スポンサードリンク


スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

クーリング・オフ制度

民法の規定は、対等な立場にある契約の当事者が、自由な意志表示を合致させると言うことを前提に成り立っています。ところが、訪問販売では事業者と消費者の立場が不対等な状況にあります。それは、商品知識であり法知識であるわけですが、現在社会そのものが、企業と消費者の不対等な関係をつくりあげていると言っても過言ではありません。このような立場の相違があるところで、不意打ち的に交渉にはいり、場合によっては高圧的に...
クーリング・オフ制度」の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。