スポンサードリンク


スポンサーサイト

クレジットカードと名義貸し

クレジットカードの保有者が、自分の意思で第三者に貸したカードが使用される場合があります。クレジットカードの会員規約では、会員は、カード会社所有のカードを貸与されるとしています。また、カード会員のみが使用でき、他人に貸与することや、質入れすること、譲渡することなどが出来ないとされています。ですから、カードを他人に貸した場合には、規約違反となります。ただし、規約違反があったというだけで、カード保有者の...

クーリング・オフの要件

クーリング・オフは営業所以外の場所で、指定商品等の販売についてなされた契約の申し込み。または締結について、売買契約の内容を明らかにした書類を受け取った日以後、クーリング・オフの存在を告知された日から数えて八日目の終了するまでに行使することが要件となっています。要件を満たした場合は、書面により販売営業者等に通知を発することで、クーリング・オフの効果を発生させます。街頭で声を掛けられて契約の申し込みを...

クーリング・オフ制度

民法の規定は、対等な立場にある契約の当事者が、自由な意志表示を合致させると言うことを前提に成り立っています。ところが、訪問販売では事業者と消費者の立場が不対等な状況にあります。それは、商品知識であり法知識であるわけですが、現在社会そのものが、企業と消費者の不対等な関係をつくりあげていると言っても過言ではありません。このような立場の相違があるところで、不意打ち的に交渉にはいり、場合によっては高圧的に...

割賦販売法の規制

割賦販売法は、取引条件を明らかにするためにいろいろな規制を行っています。これは現在社会において「契約」がおかれている状況を考える良い材料となります。人が契約に束縛されるのは、自分がそれを望んだのだから・・、という点に置かれます。つまり欲しいがゆえに納得して、自分の意志で契約しましたよ ということです。ですから、契約には、自分の意志が不可欠な要素となります。例えば、街で無理やりどこかに連れ込まれて長...

日本版サブプライムーーゆとりローン破綻増加

アメリカのサブプライム問題がひとつの引き金となり世界的な金融不安が起きている中で日本版のサムプライム問題が取りざたされています。アメリカのサププライム問題とはちょっと違う面もありますが、・・・・アメリカは高金利、アメリカサブプライムはローン債権を証券化して世界に販売さればら撒かれてしまいましたが、ゆとりローンは世界に拡散するものではありません。などなど・・・ゆとりローンとは住宅購入時に最初の5年と...

クレジット取引条件の開示

クレジットカードにもいろいろな種類(VISAカード、Mastercard、JCBなど・・)のものがあります。時代に合わせていろいろと新しいサービスの商品、それにつれてのしくみや違いなどが違うためになかなか理解することが難しくなってきています。しかし支払いの方法や手数料などの取引条件が分からなければ、思わぬ負担また被害に遭わないともかぎりません。また、サービスの広告においても重要なことが書かれていなければ、判断の材...

カードローン

カードローンとは、銀行又は協同組織金融機関が利用者にカードを発行し、当該カードを用いて予め契約した貸出枠の範囲で現金をCD・ATMを通じて貸し付けるもである。金融機関によって異なるが、総合口座のキャッシュカードと一体であるものと、キャッシュカードとは別に専用のカードが発行されるものがある。個人向けのものの場合、担保を必要としない無担保型と、不動産や有価証券などを担保とする有担保型に大別される。いずれも...

誤ってブラックリストに載せられたら・・

消費者にまったく責任はなく、業者のミスによってブラックリストに登録された場合など、分かれば訂正又は削除の要求がすぐに必要となりますが、しかし、誤情報であることがわかるのは、普通は、与信の拒絶などがあったときですから、拒絶等が起こる前に、訂正、削除することは困難です。誤情報にもとづき与信の拒絶などがあり消費者が被害を受けた場合には、法的に不法行為にもとづく損害賠償などによる救済が可能ですが、実際の損...

カード・・・消費者信用情報におけるトラブル

個人情報に関して国民生活センター、各地消費者生活センターにおける相談事例を通してどのような問題が発生しているのか?見てみると・・・・相談事例の代表的なものは、ブラックリストを理由に契約を拒否された事例で、どのような基準でリストに登録されたのか不明であることなどが問題になっています。また合法的な解約や不良品の返品であるのに、解約や支払いを拒否するとブラックリストに載せるといって契約継続や支払いを強制...

クレジットカードと入会拒否

クレジットカードの申し込み手続きをいたら、その後、カードの発行が出来ない通知が来て、理由を問い合わせてみると「総合的に判断しました」と云われたそうですが、判断基準の条約にはどのように規定されているのか? 知りたくてチョット調べました。するとクレジットカード会員規約の最後の方に、「信用情報の利用ならびに登録」という条項があり、内容はほぼ次のように記されています。「当社が会員の資格審査をおこなうに際し...

ローン提供販売 / 割賦購入あっせん

ローン提供販売とは、あらかじめ事業者と金融機関が提供しておき、消費者が分割で購入したいと言ってきたときには、事業者が消費者の保証人となり、金融機関からその消費者が購入資金を借り入れ、事業者に代金を一括払いをするというもが典型的な例です。消費者はその後の分割返済は、商品の代金を返済するというのではなく、(事業者にはすでに一括払いをしています。)金融機関から借り入れた金銭の返済と言うことになります。つ...

ついセールスマンの言葉に乗せられての親バカ・・・

10数年前に、子供の英会話用のカセットテープとテーブル等がセットになった教材を親バカ承知で高額にもかかわらず購入しました。と、いうより、営業マンに 「上手く乗せられた」と言うほうが適切かも知れません。最後は夕方にセールスマンがきました。一旦帰って、数時間後に再度おとずれ、子供の将来を。。。。など散々に話していくうちにその気にさせられました。(笑)心のどこかで子供のためなら。。。。という思いがあった...

割賦販売法とは?

信用取引というものは、事業者が商品やサービスを先に提供し、その後、利用者が分割して代金を支払いすることが普通です。そのために、事業者は、代金の回収について不安定な立場になるますから、代金回収が確実にされるようにいろいろな条件を付けて契約します。契約条項が分かりづらいのはそのためかも知れません。契約の種類などによってはわざと分かりにくく書かれているのではないかと錯覚することさえあります。合理的な範囲...

リボルビング方式

あらかじめ利用限度額を定めておき、その範囲内で商品などを購入することが出来、代金は一回の購入金額とは関係なく、毎月一定の金額又は一定の割合の金額を支払う取引方法です。リボルビング方式以外の返済方法は債務の支払方法としては、一回づつ完結していきますが、リボルビング方式では反復・継続されることが前提となり、一定の金額の支払いを続けて行くことになります。たとえば、クレジットカードの限度額を30万円とし、...

カードの支払い方法

クレジットカードを使って、加盟店で商品を買ったり、サービスを受ければ、当然その料金は支払わなければなりません。その場で現金決済をしませんから、錯覚に陥りがちですが、カード会社や加盟店が代金を負担してくれるわけではありません。カードの利用者であるあなたが支払う義務があるのです。クレジットカードがあれば現金がなくとも欲しい品物。サービスを受け欲求を満たすことが出来ますのでついつい錯覚に陥りがちですが、...

クレジットカードの仕組み

クレジットカードを、カード取引の当事者関係によって区別すると、二当事者間カードと三当事者間カードに分類できます。デパートのカードなどは、二当事者間カードを基本とし、信販会社や銀行の発行するカードは、三当事者間カードです。ニ当事者間カードは単一目的カードで、特定のデパートなどが固定客をつかむために利用します。三当事者間かーどは、多目的カードで多数の加盟店で利用できるクレジットカードです。現在社会の中...

流通系カードとは?

流通系カードは、デパートや大手スーパーなどが発行するもので、ハウスカードとも呼ばれます。流通系カードには、信販会社に発行・管理を依頼する代行カードもあります。自社で発行・管理する自社カードが普通です。このカードの特徴は、発行先の小売業者自身の販売促進が目的ですから、商品の5%引きなどの多くの特徴付きカードであることで、分割払いやリボルビング方式も利用できます。流通系カードは、自社系以外の店では使用...

信販カードとは?

信販カードはオリエントコーポレーションや日本信販などの信販会社が発行しています。信販系カードの特徴は、分割払いが出来ることです。またこのカードは毎月の返済額をあらかじめ決めておき、限度額以内の購入であれば回数に関係なく、毎月の返済額を増やさずに返済期間が延びていく方式を取ることが出来ます。これをリボルビング方式と言います。割賦払いが出来ること、リボルビング方式を利用できることが信販カード系の特徴で...

銀行系クレジットカードとは?

 銀行系カードは、銀行系大手企業が発行するものです。都市銀行がいくつかが一緒になって経営している系列方式(JCB)と、都市銀行が独自に経営する独立方式(三井住友クレジット、DCカード)があります。これまで銀行系のカードの特徴は、カード会員が割賦で支払いをすることが認められていないことでした。しかし、消費者信用の利便性を向上させるためにも、銀行系クレジットカード会社の割賦販売法の登録を認めるのが良いとの意...

クレジットカードの種類

ひとくちにクレジットカードといっても、いろいろな種類のクレジットカードがあります。これをクレジットの発行主体(業態)からみると信販系や流通系、銀行系などのクレジットカードに分かれます。また、カードは、支払いの時期によって、プリペイドカードとクレジットカードに分かれます。クレジットカードはアメリカで1950年に開始されたものですが、その後、石油販売店のガソリン購入にカードが利用されるようになり、急激...

クレジットカードl発行枚数

クレジットカードの発行枚数は、すでに2億5千万枚超えたと言われています。これにキャッシングカードやプリペイドカードを合わせると、数億枚のカードが社会で利用されていることになります。プリペイドカードなどは、誰でも、手帳に、財布に数枚のカードを保有していると思います。プリペイカードなどはコレクションしている人たちさえいます。信用取引(クレジット)は今手元にお金がなくても、自分の欲望を満たすことが出来る...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。