スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/101-3b3808f5

-件のトラックバック

住宅ローン減税

2005年頃までの住宅価格高騰期は、先を争って契約するような市況で、じっくり自分に合った「住まい」を探せませんでした。

今は価格も落ち着き、物件在庫も豊富にありますから「買い手」にとって、いいタイミングだと思います。
充分に検討する時間があって価格交渉もしやすい。
販売開始から時間が経過している物件などに掘り出し物が見つかるかもしれません。減税が行われれば追い風にもなりますね。


麻生首相がこのほど発表した大型の住宅ローン減税が話題になっています。
詳細は未定ですが、2008年11月末に発表された与党案通りなら、税金の控除額は過去最高にひきあげられ(現行の160万円から600万円へ)、控除期間も延長される見込みです。


住宅ローン減税は確定申告をして、はじめて税金が控除される制度。そしてマイホーム購入に限らず、バリアフリーや省エネ型住宅にリフォームした場合にも適用されるのです。


このサイトで最近に検索された語句
利子計算 借り入れ
クレジットカードのキャッシングは消費者金融
夫名義のカードでキャシング
住宅ローン利子の計算
他人 クレジットカード


スポンサードリンク


一般人は人生において2度も3度も住宅を購入するってことはないでしょう。
人生に一度っきりの大きな買い物になるのですから後で悔いのないようにじっくり考えてからでも遅くはないです。


バブル期のようにどんどんと住宅価額が上がっていくと言うこともないようですので落ち着いて自分の条件に合った住宅選びをしましょう。


「親との同居」「子どもの学区変更」「気に入った立地に物件が建った」……そういうご家族の希望、つまり内部要因が第一で、そこに市場という外部要因がマッチすれば、そのときこそが物件購入のタイミングなのかもしれません。
【リアルタイムプレビュー】

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/101-3b3808f5

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。