スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/104-c5d94f03

-件のトラックバック

200年住宅とフラット50

200年住宅 日本人の平均寿命は、1950~55年には64歳でしたが、2004年には82歳(女性85歳、男性79歳)と世界一の長寿国となりました。(World health Report 2006)


急速な高齢化の進展により、生涯の生活設計も長寿命化をベースにしたものに転換する中で、住宅投資の占めるウエイトは大きいものがあります。

そして、住宅及び住環境は、個人の活力と創造の源であり、住宅は大切な生活基盤です。
したがって、住宅も人生の長寿命化に対応し、長年にわたって住み続けられることが求められます。


200年住宅」の存在。「200年住宅」とは、その名の通り耐震性や耐久性などに優れ、超長期に渡って利用に耐えるなど一定基準をみたす住宅をいいます。


このサイトよく検索される語句
利子計算 借り入れ
クレジットカードのキャッシングは消費者金融
夫名義のカードでキャシング
住宅ローン利子の計算
他人 クレジットカード

スポンサードリンク


200年住宅の普及を促す「長期優良住宅普及促進法」が参院本会議において可決、成立したのは11月28日のこと。

ところで、国土交通省の試算によると、200年住宅は通常の住宅よりも2割程度高くなるということですから、いくら200年住宅の理念に賛同しても、現実問題として購入できる人が限られてしまう可能性が大。

今後は、「200年住宅」を普及に向けて様々な施策がとられることでしょう。

そのひとつが、「フラット50」に代表される超長期のローンです。
まだまだ一般的ではない50年ローン。しかし、住宅金融支援機構が取り扱いを始めたら、その存在は多くの人の知るところとなるでしょう。



個人的には、50年ローンとなると子どもが親のローンを引き継ぐことになるのでしょうが、
、よほど先の見通し等が立たないと利用出来そうもないですね。


経済的な面に加えて環境においても慎重に考えないと・・・・静かな環境がいつともなく大企業が進出してきたとか・・・長期のローンも抱えて売れに売れず引越ししようにも出来ず・・・ってなこともありうるかも????
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/104-c5d94f03

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。