スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/106-2416abbb

-件のトラックバック

住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>キャッシングの使用率と住宅ローン審査について

キャッシングの使用率と住宅ローン審査について

新しい団地が近くに出来ます。最初は70戸程度だったらしいですが、最終的には90戸程度の
戸数になるとか?

また若い夫婦が増えれば地域も盛り上がるでしょう。
町内会では賛否両論ありますが工事が進んでいる以上は予定どうり新しい団地として誕生するでしょうね。

そこで仮説としてこの様な場合の住宅ローンは??


年齢「35歳、年収約480万、会社に勤務して5年です。リストラに合い再就職した会社です
そろそろ結婚をと考えてます。結婚を期に一戸建ての購入を考えています。

当然住宅ローンを組み3300万程の借り入れを予定しているのですが、リストラからこの会社に入社するまで5年ほど、信販会社のキャッシングを慢性的に利用していました。

利用度合いは給料日前に足りない分を借りる→給料で返済使用している信販会社は一社で、返済遅れ等の事故には気をつけていましたのでありません。


金額も最大で月20万程度でした。
このような人でも優遇を含めてローンの審査に通るでしょうか?

スポンサードリンク


キャッシングの利用自体は延滞が無いのであれば問題ないと思います。

ただしローンの返済比率(給料に対しローンが占める割合で年収・借入年数・借入額+その他の借入によって決まる)が各銀行の基準値よりも高くなってしまうと借入が難しい、もしくは減額・借入年数を延ばす等が必要になるので注意が必要です。


返済比率を計算する際は「+その他の借入」と書きましたが、これから借りる住宅ローンだけではなく既存のキャッシングやカードでのショッピング等そのほかの借入すべてが対象になり、トータルで年間いくらのローン返済が必要でそれに対して収入がいくら・・・というようにみられます。

このサイトで最近検索された語句
住宅ローン 審査
住宅利子計算
カードローン メリット
抗弁権の接続
消費者ローン カードローン 違い
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/106-2416abbb

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。