スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンと頭金


住宅ローンを組むためには、頭金はいくら必要なのでしょうか。
頭金はなくとも、住宅ローンを利用することはできます。


そもそも、不動産を購入するためには住宅ローンが組めるとともに頭金が必要である、という話が一般的になった背景には住宅金融公庫の存在が関係しています。現在は、住宅金融支援機構と名前と組織を変えている公庫は、住宅ローンの代表格といわれていました。


住宅金融支援機構(旧公庫)で住宅ローンを利用するためには、購入不動産価格の2割以上の金額が頭金として必ず必要になります。これは、融資できる上限額が購入価格の8割までと決まっていたからです。


たとえば、4000万円の不動産を購入しようと思った場合、住宅金融公庫を利用する場合には、3200万円までした融資してもらうことができず、必然的に残りの800万円は頭金として準備しなければならないのです。


けれども、一般銀行が個人の住宅ローンに対しても広く門戸を開き、各行が競って有利な住宅ローンの商品を提供し始めた昨今では、公庫は突出した存在ではなくなっています。

そして、一般的な民間銀行の住宅ローンの場合、不動産の購入価格の100%までの貸し出しが可能になっています。


つまり、4000万円の物件を購入するために、4000万円の住宅ローン融資をうけることが出来るのです。頭金がなくとも住宅ローンを組んで、十分に購入できるようになっています。

ただし、不動産の購入には諸費用と呼ばれる諸経費がかかります。
頭金がなくとも住宅ローンを組むことは出来ますが、不動産購入のためには、諸費用という名前の資金が別途必要になりますのでご注意下さい。
住宅ローン(http://h-jutakuloan.com/)を参照しました。

図解でわかる得する住宅ローン借り方・返し方


スポンサードリンク


住宅を購入するときにそこそこの頭金を入れてローン全体の金額を少なくして返済しようとした知人と余裕があるのなら投資だといって頭金の金額をすくなくしてその分を株式に投資した人がいました。(偶然にも・・・)

その後、株がさがり、現在はローンの支払いに少々ムリしているようですが、難しいところですね。
株で稼いで一気に返済を・・・・を狙ったとのことですが、そうそううまくはいきません。

現在の社会情勢・株式状況では、あなたならどちらを選びますか?

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。