スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローンにあわせて利用できるもの

住宅ローンにあわせて利用できるもの

銀行によっては、引越し費用などについても諸費用ローンの用途として認めてくれるところもあります。更に、購入時にかかる諸費用分すべてを住宅ローンの一部としてまとめて借り入れることができる、という住宅ローンもあります。

3000万円の新築戸建を購入する場合、諸費用として300万円かかるとしましょう。本来であれば、3000万円の住宅ローン、300万円の諸費用ローン、という2本のローンを組むことになるとともに、諸費用ローンは住宅ローンよりも借り入れ期間が短くなり金利も高くなります。これを3300万円の住宅ローン1本分として取り扱ってくれるのです。


リフォーム費用に関しても、上述の諸費用ローンのように住宅ローンに組み込んで取り扱ってくれる銀行もあるのです。4000万円の物件を購入し、500万円のリフォームを行う場合に、総額4500万円の住宅ローンとして取り扱うというものです。


実は、借り入れ希望者の条件によっては、物件価格と購入諸費用、リフォーム分まですべてを住宅ローンという名の下で一括借り入れという扱いが可能な民間融資もあります。


購入物件の担保評価を超えてローンを組むことになる、というリスクがあるため、どんな物件でもどんな人でも利用できるというわけではありませんが、一定以上の収入がある場合や、公務員の方の場合はぜひ一度ご相談いただきたい住宅ローンです。住宅ローン(http://h-jutakuloan.com/)を参照しました。

中古住宅に絡む土地問題で調停
免震・耐震住宅も価額と住宅ローンとも相談
住宅ローンの返済額を減らす三原則、でも今は・・・




スポンサードリンク


近くに出来る90軒の新築のうちの道路脇2軒の家の防音用シートなどが取り除かれて真新しい外観が見えました。
重機が持ち込まれての棟上が先月の25~26日だったと思いますが、わずか3週間ばかりでほぼ全容が出来上がるとは? ビックリですね ・・・・

でも、これから周囲に沢山の家が建っていくでしょうから、地盤の工事等でせっかくの新築の家が揺さぶられることになるのではないかと、他人の言えながら気がかりですね。

工場後の整地までには毎日、地震のような揺れが長い間続きました。出来上がった新築の家も隣が建てれば何らかの地盤の揺れもあるのではないでしょうか?

そうなると建てるのも早い方がよいのか?、後のほうがよいのか??????

マイホーム大作戦


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。