スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの流れ

住宅ローンは、まず事前審査と呼ばれる審査の申し込みをすることから始まります。たいていの場合は、購入したい物件が決まり、購入申し込みをした段階で事前審査の申し込みに移ります。これは希望の借り入れ金額を借りることが出来る、という銀行側からの確約がとれた後で、実際の売買契約を行うためです。

少し考えれば当たり間のことですが、意外とこの順序を考えないで先走しりする人がいます。

契約にこぎつけたがフタをあけてみれば希望通りの金額を借りることが出来なかった。
結局は住宅ローンを組めず、あきらめることになります。
なります。

事前審査では購入物件の担保価値と住宅ローンの借り入れ希望額の釣り合いが取れているか、ローン申込人はちゃんと資力のある人物かどうかを審査します。

事前審査が通り、売買契約が終わると、次は住宅ローンの本申し込みをします。。事前審査の申し込み内容と相違がなければ、本申し込みに対する銀行側の審査結果もすぐにでます。


本申し込み時には、公式書類(印鑑証明書、住民票、課税証明書の原本)をいくつか集めなければなりませんので手配が大変ですが、面倒がらず集めるより仕方ありません

スポンサードリンク


本申し込みに対する銀行側の承認内容に基づいて、売買取引の決済1週間ほど前までに、住宅ローンの金銭消費貸借契約を行います。通称金消(きんしょう)と呼ばれる手続きの際に、実際に借り入れしていただく期間、金利について決めていただくことになります。

金消は銀行窓口とは別に設置されている住宅ローンセンターというところで行う場合があります。この金消は、基本的には銀行が開いている平日しか行うことが出来ません。どうしても平日に休みが取れそうにない、という場合には休日でも手続きを行ってくれる住宅ローンセンターかどうかを確認されることをお勧めします。

また、金消日までに、今後住宅ローンの返済を行う銀行口座を開設しておかねばなりません。そして決済日当日、金消の契約内容に従って新しく作った口座に融資実行が行われます。融資実行と同時に売主様に購入金額を支払うことになりますので、実際に大金を手にすることはありません。通帳上に金額が記載されるのみなのは、少し残念なところでしょうか。

そして融資実行日の翌月から、住宅ローンの返済がはじまることになります。
以上が住宅ローンの主な流れになります。住宅ローン(http://h-jutakuloan.com/)を一部参照しました。



私は、数十年前ですが、住宅ローンじゃなくて、不動産会社の社長さんが保証人になってくれました。そのまま社長と銀行に行き、社長が担当者と話している間、応接室で待っているとすぐに机の上に現金が積まれました。それを不動産会社の社長の手元に。
いろいろと不安な面もありましたが、何の問題もなく支払い比較的短期でおわり今もそこに住み続けていますあが、そろそろ改築等を考える時期にきて入るのですが。。。。・・・・・


このサイトで最近検索された語句の一部

住宅ローン 4000万
住宅ローン審査
住宅ローン 購入した土地 駐車場に
カードローン 破綻
割賦販売法



スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。