スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >税について >>夫婦共有名義での住宅ローン控除できますか?

夫婦共有名義での住宅ローン控除できますか?

住宅ローン控除は、夫婦共有名義であってもそれぞれが確定申告することで利用できます。
ただし、住宅ローン控除を利用するためには、夫婦それぞれが住宅ローンの主債務者でなければなりません。


主債務者とは、住宅ローンの返済義務がある人として借り入れをしているということです。このとき、連帯債務者と連帯保証人を間違いやすいですが、まったく意味が異なりますので、お気をつけ下さい。


住宅ローン借り入れ時に連帯債務者となっている場合は、ご夫婦それぞれの持分を上限にして住宅ローン控除が利用できます。けれども、たとえば奥様が連帯保証人になって住宅ローンを組んだという場合は、あくまで主債務者はご主人様単独として扱われますので、ご主人様のみが住宅ローン控除の対象になってしまうでしょう。


たとえば、4000万円の物件を5対5の持分割合で夫婦共有名義の購入をした場合はどうでしょうか。
夫が2000万円、妻が2000万円の住宅ローンをそれぞれ組んで借りた場合、それぞれが住宅ローン控除を利用できます。


4000万円の住宅ローンを夫が借り、妻が連帯債務者になったとしたらどうでしょう。この場合は、夫は4000万円の住宅ローンのうち、持分である5割分の住宅ローン金額を上限に住宅ローン控除を利用でき、妻も同様に控除を利用できます。


しかし、夫が4000万円の住宅ローンを借りて、妻がその住宅ローンの連帯保証人になる場合、2000万円分の住宅ローン控除を夫が利用できるのみとなります。


ややこしいですが、借入金残高証明が夫婦それぞれ名義で発行される借り方であれば住宅ローン控除が使える、と覚えておくと簡単です。住宅ローン(http://h-jutakuloan.com/)を一部参照しました。



私の場合は、住宅ローンというより不動産屋の社長さんが保証人と言うことで銀行から資金を借りました。
当時は(昭和35年頃)結構高い金利だったと記憶してます。

また当時は今のように税の恩恵が受けれなかったように記憶しているのですが。。。
当時も住宅控除などあったのですかね、一度もしたことがありませんでした。
住宅兼店舗と言うことでしたので仕事に使う面積の割合分を経費として申告してました。

住宅ローンはこうして借りなさい新版


関連ワード:土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅 賃貸 予約
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。