スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >キャシング >>ビットキャッシュ(BitCash)とウェブマネー(WebMoney)

ビットキャッシュ(BitCash)とウェブマネー(WebMoney)

ネット上で支払いが発生しました、(有料のプログ更新料とか、ドメイン料の支払い)
カードでの支払いはあまり好きではありません。現在はセキュリティーもしっかり守られているようですし、以前に比べて安心ですが、何故かカードでの決済には二の足を踏みます。

直接の被害に遭ったわけではないのですが、非常に不安を覚えるような出来事に遭遇してからカードは使い切れません。
また今回の支払いは一箇所が WebMoneyでの支払い可能 もう一箇所がBitCashでの支払い可能ということだったので、早速にコンビニで購入してきました。


BitCashは以前からちょくちょく使ってます。なぜか安心してインターネットの操作が出来ます
今回の支払額は3000円でしたので、万一操作に失敗してなくなったとしても(そのようなことはないですが。。。)被害額は3000円です。

カードだと暗証番号などを打ち込んでいるので幾分心配な面もありますが、このBitCashなら安心して操作が出来ます。
購入金額以上の被害にあることはありませんから・・・・


コンビニでBitCashとWebMoneyどう違うのですか?と聞いたところ
BitCashもウェブマネーですが、取り扱うメーカーによって呼び名が違うのだとコンビニの店長が教えてくれました。

スポンサードリンク


持ち帰り早速に支払いの手続きを取ろうとして両者にチョットした違いを見ました。
プリペイド番号がWebMoneyが半角英数字16文字
 BitCashのプリペイド番号が、ひらがな16文字

またウェブマネーで余った金額を「ウェブマネーウォレット」にポイントとして(1ポイント=1円)保管しました。

誰が考えたか知りませんがなかなかよく出来ていますね
これなら今後安心してインターネットで買い物等も出来そうです。

財布に差し込むだけで、簡単にスキミングを防いでくれる!スキミングブロッカースキミングカー...

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。