スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >住宅ローン >>長期優良住宅認定基準-2(フラット50・フラット35)

長期優良住宅認定基準-2(フラット50・フラット35)


今の住宅は出来るのが早いですね。支払いもこれくらい早くで済めばよいのですがね~
支払いは思いっきり長いフラット50 それともフラット35 それともキャッシュ、
ポケットマネーというわけには行かんでしょうね。。。(笑)どちらにせよきれいな家が出来てます。最後の仕上げにかかっているようですね


住宅の周囲にバランスよく植木が植えられましたが、、植木によって随分と住宅が引き立つものですねどのような人が住まれるのか分りませんが、あんた新築の家に住んでみたいですね~~


昔は半年、中には1年近くかかっていた家もありましたが、最近は工場等で組み立てて後は現場でパズルのようなバーツを組み合わせれば外観はほぼ完成。


必見よく分かる住まいづくり(2009年度版)

スポンサードリンク


バリアフリー性
○将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なス
ペースが確保されていること。
・共用廊下の幅員、共用階段の幅員・勾配等、エレベーターの開口幅等
について必要なスペースを確保すること。


省エネルギー性
○必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
・省エネ法に規定する平成11年省エネルギー基準に適合するこ


居住環境
○良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上
に配慮されたものであること。
・地区計画、景観計画、条例によるまちなみ等の計画、建築協定、景観
協定等の区域内にある場合には、これらの内容と調和が図られること。



住戸面積
○良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
〔戸建て住宅〕
・75㎡以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
〔共同住宅〕
・55㎡以上(2人世帯の都市居住型誘導居住面積水準)
※ 少なくとも1の階の床面積が40㎡以上(階段部分を除く面積)
※戸建て住宅、共同住宅とも、地域の実情に応じて引上げ・引下げを可
能とする。ただし、戸建て住宅55㎡、共同住宅40㎡(いずれも1人世帯
の誘導居住面積水準)を下限とする。



維持保全計画
○建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
・維持保全計画に記載すべき項目については、①構造耐力上主要な部分、②雨水の浸入を防止する部分及び③給水・排水の設備について、
点検の時期・内容を定めること。
・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。


具体的な内容は、「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成20年国土交通省告示第209号)」をご確認下さい。

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。