スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>頑張る大工さん、フラット35、フラット50

頑張る大工さん、フラット35、フラット50


友人のセールスマンが入社時(数十年前のことになりますが・・)に上司から諭されたという話を思いだしました。


人生において家を2軒も3軒も新築する人はごくごくまれで、自分の住み家1軒建てるのがやっとでしょう。今ならそれもフラット35だの場合によっては親子2代で払うようなことになる、フラット50などの住宅ローンを組んでやっと1軒の家を建てるのがごくごく平均的な家庭・人生でないかと思います。


が、その家を建てる大工さんは仕事がなくて食い外れているというわけでもないでしょう。
(今はチョット先行き不透明で仕事量の激減状態ですが。。。。)
大工さんは立派に仕事が成り立っている。
そうそう注文があるわけないでしょう。
ましてこんな田舎においても大工さんは立派に成り立っている。


このサイトにおいて昨日、検索された語句の一部

マンション状況
カードローン 返済
200年住宅
キャッシング カードローン 違い
住宅ローン審査 カードローン


スポンサードリンク


我が社が扱っている「印鑑」人生において何度となく作るでしょう。成人になったときとか結婚したときとか、不動産等の大きな買い物をしたときとか、何かの記念にとか、銀行口座をつくるときとか、また、ちょっとした認印などなど。。。。


人生において一度しか注文しない仕事についている人が食えているのに、”何度となくつくる「印鑑」が売れないわけがない” ”売れないんっじゃない、売り方を考えなさい”と若いときに上司から諭されたといいます。




何年か後に独立して頑張っています。本人も都会より田舎の方が性分にあっていると言って、田舎暮らしをしながら頑張っています。が、、商品が売れないときこのことを思い浮かべてまた元気になるそうです。


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。