スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローン支払いと大震災からの教訓

住宅ローン支払いと大震災からの教訓



現在ニュース等で取り上げられる住宅事情で住宅ローンの支払いが出来ずに任意競売、また裁判所が介入しての競売などのニュースを見ると住宅ローンを組むときにはより以上の慎重さが必要かとおもいます。


神戸淡路大震災から十数年がたちました。あのときに全壊は無論のこと半壊、一部損の場合も含めて多くの方が新築住宅を建てられたと思います。
税制面、支払い面等において優遇されていましたので、便乗して新築を計画された方も多くいます。


数年は支払いの猶予もありまた、猶予期間後からの支払いにおいても社会情勢が今ほど悪くもなかったゆえにそこそこのボーナスも支給され何とか支払いも出来数年が経過しているのだと思います が、ここに来て社会情勢が急激に悪化してボーナスカット、リストラなどと最悪の状況に追い込まれて住宅ローンの支払いどころか日々の生活費にも事欠く状況の人がいるようです。。

スポンサードリンク


私は、神戸長田の状況を見たときに、自分の家の屋根瓦はほとんど落ち壁ははがれ悲惨な状況でしたが、これは半壊には出来ないと思いと「一部損壊」で申請しました。
ほとんど被害を受けてないような家屋が半壊になったりと、いろいろな人間模様を見てきました。


一部損壊の場合は以後何の保障もなく、不平等さを感じましたが、あのときの自分の行動に対しては今でも正しかったと思っています。


またそのときに建てなおすことも検討しましたが、生活する場所が確保されているだけでも恵まれた環境(避難所じゃなくて自宅で・・)にあるのにそれ以上を望むことが出来ませんでした。



またその後どのように変化するか分らない情勢に大きな住宅ローンを背負い込むことに不安を感じて出来るだけ修理して済ませそのままの家に住んでいます。
がいま、ニュース等で住宅情報等の情勢を聞くとき、あ~あの時 「ムリしないでよかった」と感じています。

住宅ローンアドバイス


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。