スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸用一戸建て住宅



まとまった資金がなくてもマイホーム気分を味わえる賃貸用一戸建てが増えている。
運がよければ、新築の一戸建てだって借りることが可能だ、賃貸アパートやマンションに加え「借りて住む」選択の幅が増えてきた。

これまで、賃貸用の一戸建てといえば、転勤に伴い家主が借り手を募集している中古住宅などに限られていた。ところが最近は、賃貸用の物件が増えている。

変化の背景には、土地を持つ人が、副収入を得るために賃貸専用の一戸建てを建てる動きがじわじわと広がっていることがある。「親から相続した一戸建てを撤去して小ぶりの住宅を2棟建てて1棟に自らが住み、もう1棟を貸し出す人がいる。」というようなケースがある。

賃貸の一戸建てなら、上下階や隣室に騒音の気兼ねをする必要もなく、庭付きの住居に住めることなどが特徴だ。また、車庫を利用してゴルフ練習スペースにしたり、ガーデニングを楽しんだりと休日ライフを満喫したい人たちの人気を集めている。 (読売新聞記事より参照2009.7.1)


スポンサードリンク



話題になっているフラット50などの住宅ローンを組んで200年住宅を立てて子供に引き継いでも数十年先には住宅事情も変わりまた、上記の例のように子供がその住宅を引き継ぐとは限らない。



子供の頃に暮らした田舎の家なども、子供たちはそれぞれに独立して残るのは兄夫婦のみとなると沢山の部屋も使うことがなく、でもたまには掃除もしなくてはならないとかで。。。。これなら小ぶりの住宅のほうが良いのではないかと??・・・・・そのなると200年住宅はいかがなものかと???・・・・

住宅ローンで死ぬな!

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。