スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット35とは。。。

近くの工場跡の分譲地を売り出し契約がまとまったところからでしょう。どんどん新規住宅がたっています。重機が持ち込まれ短期間で住宅が出来上がっていくようです。

しばらく前を通る機会がなかったのですが、本日しばらくぶりに(10日弱)通りかかると内装工事に入っているようでした。10ほど前までは骨組みも出来てなかったように思うのですが。。。。


でもどんな人が移り住んでくるのでしょうか?
またどのような形態で購入されるのでしょうか? もう一度フラット35の基礎的なことを見てみたいと思います。


長らく日本の住宅ローンをリードしてきた住宅金融公庫は、平成20年現在は既に存在していません。独立行政法人化に伴い、平成19年4月からは住宅金融支援機構と名前を変えています。


公庫は個人に対する直接の融資を行わない方向に事業を縮小しつつありますが、代わりとして新しく誕生した住宅ローンがあります。それがフラット35です。

スポンサードリンク


フラット35という住宅ローンを簡単に説明すると以下のようなものになります。
すなわち、公庫と民間が連携して融資を行う住宅ローンであり、民間金融機関が個人に住宅ローンを貸し出し、のちに公庫がローン債権を民間金融機関から買い取ります。

あくまで個人に対して融資を行うのは民間金融機関であり、借り入れ手続き等の窓口も民間金融機関を利用します。

公庫が民間金融機関からローン債権を買い取ることで資金をフィードバックできるため、民間金融機関は資金回収のリスクを低くすることができます。民間金融機関のリスクを軽減することで、個人への住宅ローン支援を間接的に行っているのがフラット35といえるでしょう。


このサイトで検索される語句の一部

ガス管取替工事 と舗装
割賦販売の車の売却
フラット50のメリット
自動車ローンが支払いが遅れたら
住宅ローンと貸家

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。