スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>住宅ローン審査で銀行は何を見る!?

住宅ローン審査で銀行は何を見る!?

近くに出来る工場跡地の分譲住宅ですが、注文住宅用の数件のモデルハウスも完成まじかのようです。90軒の新築がたつそうですが、中心部には大きな道路が整備されています。

ここを購入される方はどんなローンを組みどのような方法で購入だれるのでしょうかね?
ローンの審査で銀行がみるのは下記の項目です。


住宅ローン審査で見られる主なものは下記の通りです。

年収
「年収」、多いに越したことはありません。が本当に高級取りで余裕があるのならローンは組まずにほかの方法をか     んがえますかね~

勤務している会社
公務員や一部上場企業など安定した企業の方が審査に通りやすいといえます。

勤続年数
「勤続年数」が長い方が、安定性が見込めますので、有利です。


その他にも、現在の住居、現在のローン状況およびローン履歴、年齢なども見られます。
主にこれらの状況を見ていくのですが。一番、やっかいなのが、「年収」や「勤続年数」が足りない場合です。


銀行の住宅ローンの大半は勤続年数が短かったり、設立間もない企業などの場合、
また、年収が少ない場合、住宅ローンの審査で落とします。

スポンサードリンク


住宅ローンを融資する金融機関は、その相手に返済能力があるかどうか、
あらゆる面から調査します。

対象となるのは申込者の収入の状況や雇用形態、勤続年数、保有資産だけでなく、
消費者金融やクレジット会社の利用状況、さらには自動車ローンの利用状況などについても
個人信用調査機関を通して審査をされます。


そのため、これらの支払いを延滞した事がある場合には、
住宅ローンの利用が困難になるケースがあります。

また、配偶者と収入合算をして連帯債務者にする場合には、
その配偶者についても同様な審査がありますので注意しましょう。


無理のない返済計画を組みましょう。新築は購入したが支払いに追われ気の休まるときがないとか、支払いのために家庭内がギクシャクしては何のための新築購入か分りません。

十分な余裕をもってとは行かないでしょうが、「何とかなるやろ」などと計画性のない購入でないように慎重に行動されることが良いでしょう。

マネー相談実例45



スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。