スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産の競売

昨日何気なく見ていたテレビの話題は「競売」の相談コーナーのような番組でした。

多額の借金をして不動産を購入されたらしいのですが、奥さんが病気とかでこのままでは住宅ローンが払えないので不動産(家)を競売にかけて少しでも負担を少なくしたいとの相談だったようです。



購入した金額は1500万円 でローンが1000万円残っている。
が、競売の為の査定では300~500万でしたが、よくよくしいらべて見ると痛みも少なくなく300万円程度しかないとのことでした。



結局は競売にかけても1000万円のローンの帳消しにはならず、家を失なった上に借金だけが残った感じになっていました。


もともと購入時に少々無理をなさっていたようです。


また無計画に購入したがためにこの例と似たような事件が多数発生していると聞きます。
不動産購入には余裕をもった返済計画を立てることが必要かと思います。

今こそ見直せ!住宅ローン

スポンサードリンク


競売とは、借入金の返済ができない債務者がその担保として提供していた土地や建物などの不動産を、債権者が裁判所に申し立てることによって、裁判所が売却をすることをいいます。裁判所が定めた最低売却価格以上で、最高値で入札した人によって落札されます。



 競売物件の最低売却価格は、裁判所から委嘱された不動産鑑定士が調査のうえでこれを決めます。この価格は競売という特殊性に鑑み、市場価格の5~7割程度の水準で設定されます。最終的には市場価格の8割前後で落札されることが多いようです。



 競売のデメリットは、何といっても販売価格が20%前後も低くなるということにつきるでしょうが、それに加えて、たいていは引越し費用などの交渉が一切できません。
 
 さらに、競売が終わってからも残った債務の支払い義務は継続します。自己破産でもしないかぎり、この債務に追いかけられ続けることになります。
自己破産のデメリットはないと主張している人や、そのような主張が書かれた著書もあるようですが、現実には自己破産による社会的制約はしっかりと存在します。



 競売の場合には、落札までに2年から3年ほどダラダラと続く場合があります。その間は、そのまま住んでいても立ち退きを求められませんから、「うまくいけば、しばらく住み続けられる」ということが競売のメリットだともいえます。

今こそ見直せ!住宅ローン


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。