スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>住宅ローン「フラット35」金利優遇1年延長

住宅ローン「フラット35」金利優遇1年延長

綿密な計画の上で住宅購入計画があるのなら、この時期に住宅ローン「フラット35」を組んで家を購入するのはいいのだが、住宅ローン金利優待措置があるからといって闇雲に住宅購入するのは、不安な気がします。



一生に一度となる(大半がそうだと思います。)大きな買い物です。途中で「こんなはずではなかった」では済まされません。


5年後、10年後に手放さなくてはならないようでは何のための金利優待措置を利用しての住宅取得だったのか分りません。十分な返済計画を立てることから始めましょう。

フラット35とは。。
住宅ローン破綻で競売



読売新聞:2010/8月19日より引用

国土交通省は18日、政府の追加経済対策の一環として、長期固定型住宅ローン「フラット35」の金利優遇措置を今年12月末の期限から最長で1年間延長する方針を固めた。2600億円規模の関連予算を政府の追加経済対策か、2011年度の概算要求に計上する。


スポンサードリンク


「フラット35」は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間金融機関と提携して提供している。従来、耐震性や省エネ、バリアフリーの性能の高い住宅については年0・3%の金利優遇が行われている。この金利優遇を最初の10年間、年1%に拡大する措置が今年2月から12月末まで行われている。



鳩山政権の景気浮揚策として実施された時限措置で、金利優遇の上乗せによって、例えば、3月時点の適用金利で3000万円のローンを35年間で返す場合、返済総額を約300万円少なくできる。


今年2~7月の金利優遇の対象は、前年同期比4・7倍の約5万5000件に膨らんだ。新たに2600億円規模の予算を手当てすれば、11年に入ってからも、10万件前後のローンで恩恵を受けられる見通しだ。住宅分野は関連産業のすそ野が広いため、国交省は、上乗せ優遇措置の延長で景気を下支えしたい考えだ。


当サイトで直近に検索された語句の一部

車のローン残金を一本化
カードローン デメリット
住宅ローン破綻 例
自社ローン 中古車
抗弁権の接続

関連ワード:動画 無料 画像 ダイエット ブログ DVD 副業 yahoo google







スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。