スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>住宅ローン審査の返済比率とは・・

住宅ローン審査の返済比率とは・・

近くの工場跡の分譲住宅地に90数軒建つ予定だそうですが、数えるところポツリポツリと20軒ばかりが建ちました。



宝くじでも当たれば別ですが・・(笑)
長期の住宅ローンを利用しての購入なのでしょうね??



住宅ローンを組むにしても住宅ローン審査というものに通らないといけませんが、審査の基本である返済比率とはどういうものなのでしょう。



「返済比率」は35%までが基本!返済比率とは、あなたの「年収」に対する「住宅ローンの年間返済額」と「その他の借入年間返済額」(マイカーローンや教育ローンなど住宅ローン以外の返済をしている場合のみ)を足した金額の割合(%)です。


【例】Aさんの場合
年収600万円
住宅ローン借入希望額:3,500万円
マイカーローン返済:年36万円

返済比率は、以下のように計算されます。
(「住宅ローン年間返済額」+「マイカーローン返済額」)÷「年収」
(約186万円+36万円)÷ 600万円=37%

ここでの住宅ローン年間返済額は、審査金利を4%として計算したものです。



一般的な銀行審査では返済比率は35%までとなるので、Aさんは借入希望額を減らさなくてはなりません。
仮に3000万円を借入れる場合は、返済比率は32.6%となりますので基準内に収まります。


スポンサードリンク


近くの工場跡の住宅地の購入予定者も今頃審査が通るのかやきもきしている人もいることでしょう。
当初の予定ではすぐにでも90数軒が建ち並ぶとのふれ込みでしたが、この時世そう簡単にはいかないだろうと思っていました。



また年内に仕上げようとしているのか、急ピッチでの組立作業が進んでいるようです。
雨の中での作業が続いていましたが、なんだか急ぎすぎて作業が雑にならなければよいがと他人の住宅なのに気になりますね(笑)

関連ワード:フラット35 土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅  注文住宅 賃貸
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。