スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >金融商品 >>人類が掘った金の量は何トンになる?

人類が掘った金の量は何トンになる?

金は、人類にとって永遠の宝である。
一攫千金をへの夢が、19世紀カリフォルニアのゴールドラッシュを生んだのは、余りのも有名な話しだ。



現在の、世界の地価には約9万トンの金が眠っており、そのうち採掘して採算にあう4万2千トンは、なんと17年後には掘りつくされる見込みだという。


金の希少価値が改めて分ろうというものだ。
それじゃ金の安いうちに買っておけば、金が掘りつくされたあとは金相場はうなぎ上り??ですか??? でもでも別世界のはなしですね・・



人類が8000年前に金とであってから、これまでに掘ってきた金は15万トンに相当するという。
オリンピックの競技用のプール3杯分と聞けば、たいそうに感じるが、ツタンカーメンの棺、結婚指輪に、電子工学部品に使われる金までひっくるめた量であることをおもえば、その少なさに驚かされる。

ダイヤモンドと同様に少ないことに価値があるのだから当たり前かもしれないですね~~~
「雑談のネタ」より一部引用

スポンサードリンク


何かのテレビ番組でやってましたが、金の保有量は日本はトップクラスらしいですよ
なぜ・・・・と思えば、携帯電話に金が使われているのだそうです。
また使用済みの携帯電話を集めて金を取り出すことが出来るのですが、採算的に難しそうですね



金はなにも地下の金鉱脈からのみ取れるのではないようですね、水の中にも金が含まれているようですが、、、要は採算的にあうかどうかということでしょう。


現在の、世界の地価には約9万トンの金が眠っており、そのうち採掘して採算にあう4万2千トン残りの4万8千トンは採算があわないということですね。


採算に合わないから全体量が少ない、少ないから価値が生まれる。。。それでいいじゃない。。。今は金よりもぱ1パソコンがほしい。。(笑)

関連ワード:サプライズ 誕生日 デート 無料特典 価格 プレゼント ペア 激安 テレビ グッズ


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。