スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード偽造の手口とカードの管理

カードが盗まれたら、カード会社に電話すればその機能をていしてもらえるが、本人が気づかないうちにカードを偽造され、多額の買い物をされることもある。

でも、カードを盗まれたわけでもないのになぜそんなことが可能なのか? というと。。。



カードで買い物をすると、加盟店のキャットという末端機を通して、カード会社のホストコンピュータに連絡がいき、そこで迅速な利用枠を確かめて買い物が成立するという仕組みになっています。



偽造犯はこのホストコンピュータに連絡されたカード情報を盗むのだ。
その際、偽造犯は、ある機会にカードを通して磁気テープに書き込まれた情報を読み取り、その情報を生カードに移植すれば偽造カードが出来上がるのである。

こんな芸当ができるのは、加盟店かカード会社のなかに、犯罪に加担している人間がいるから出来るのであるが・・・


スポンサードリンク



カード会社のほうも、モンたリング・システムというハイテクのチェック機能を駆使して必死に対抗しているが、加盟店ぐるみの犯行となれば、そのチェックにも期待したほどの効果が得られないというのが実情のようです。



現金を持ち合わせていなくとも買い物が出来るなどカードはまるで魔法のカードのように便利なもののようですが、反面第三者に悪用される危険要素も含まれているということをに理解してカードの管理は十分に気つけましょう。



また現金がなくともカードで買い物が出来るゆえについつい使いすぎてしまうという落とし穴にも十分な注意と計画性を持った使い方をしましょう。

関連ワード:フラット35 土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅 賃貸 予約


スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。