スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後のローンの支払い相談等

震災後いまなお避難生活をおくっておられる方、加えてローンの支払い等での相談、またこんなときにも悪知恵を働かせて悪戯なことをしようとする者がいるというのは残念なことである。



震災直後にもかかわらず礼儀正しい日本人の姿を世界から称賛されたのに、弱みに付け込み悪さを働くものがいるというのは非常に残念なことだ。


ローン支払い、融資に関した相談例を見ますと

リフォーム中の家が震災で津波の被害を受け、1階は骨組みしか残っていない状態になってしまった。総額約1,600万円の契約で1,000万円はローンを組んだ。支払いはどうなるのか。



今年2月に新車で購入した車を修理に出していたが、工場が津波の被害に遭い、預けた車が使えなくなった。補償はないし代車の返還も求められ困っている。車のローンはまだ1回しか支払っていないし、もう1台買う余裕はない。



消費者金融からの借金を返済中だったが、震災にあい、家も職場も失い、返済の目処が立たなくなった。どうしたらよいか。



車や家を失ってもローンの支払いの負担が残り、返済の困難を訴える相談がみられる車や家が津波で流されたが、ローンの支払いが残った、仕事も失ったのに支払わなければならないのか、という今後の返済に不安を覚える相談が多く寄せられている。


関連ワード:フラット35 土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅 賃貸 予約


スポンサードリンク



○ローンの支払い、公的な融資制度

住宅ローンの支払いについては、震災の特例で、一時的に支払いを猶予している金融機関がありますので、借入先の金融機関に問い合わせてみてください。


また、震災が原因で解雇された場合、雇用保険の対象になりますので、給付をハローワークに問い合わせてください。


社会福祉協議会では、緊急小口資金の特例貸付を実施しています。被災世帯は、当座の生活費として原則10万円を無利子で借りることができます。


避難先でも社会福祉協議会へ借入の申し込みができますので、避難先の社会福祉協議会までお問い合わせください。
また、自治体によっては生活費の支援を行っている場合があります。実施状況、内容等については、各自治体にお問合せください。




スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。