スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >住宅ローン >>住宅買い替えと購入費用と住宅ローン

住宅買い替えと購入費用と住宅ローン

新規に住宅を取得する場合、賃貸マンション等にお住まいで住宅を取得する場合は費用など、頭金とか、支払いの住宅ローンなども含めて十分に検討する時間があると思います。
また、住宅ローンの支払いなども余裕をもなせた住宅ローンを組むことが出来ます。



一方、現在の住宅を売って新しい家を購入したい。
つまり買い替えの場合
今の住宅を売ってから新しい家を探す場合と新しい家を購入または購入物件の契約を交わしてから今の家を売りに出す場合とでは資金面・費用面に違いが出てきます。



購入または購入物件の契約をしてから売りに出す場合は
どうしても売り急いで、納得のいく価格で売却できなく費用面で計画・予定が狂うケースや、新居の取得日までになかなか売却できず、二重住宅ローンを背負うケースも出てきます。
予定の金額で売れなかったために住宅ローン の支払い計画が狂う場合も出てくるかもしれません。

関連ワード:フラット35 土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅 限定 予約


スポンサードリンク


住宅を売って、資金を手にしてから住宅を購入する場合はいわゆる“売り先行”の場合は、資金計画上、狂いが生じることが少なく、安全です。
その上、売り急ぐ必要もないため、ある程度納得のいく価格で売却できる可能性が高いといえます。




その反面、売却決定後は、買い主に物件を引き渡す日までに、買い換え物件を探さなければならなりません。

希望の物件が見つからないケースや、購入物件が未完成で引き渡しまでに時間がかかる場合は、仮住まいの必要も出て来るかもしれません。また長期に長引けは仮住まいの家賃等で資金が少なくなるとも限りません。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。