スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >フラット35 >>フラット35を利用しての資金調達は出来たのだろうか?

フラット35を利用しての資金調達は出来たのだろうか?

新しい一軒家の住宅がほしいが・・、資金が?フラット35を利用しての資金調達は出来たのだろうか?

近くに出来た新興住宅街とでも言うべき一角に90数軒の新築住宅が建ち並ぶ予定ですが、現時点ではほぼ出来上がっているようです。
空き地もほとんどなく、今もせわしく注文住宅であろうと思われる工事が進んでいます。



この住宅を購入した人たちの資金の工面は? などと余計な事を考えながら出来上がった新しい住宅を横目で見ながら運転してます。



やはりフラット35などを利用しての資金調達なのだろうか?
フラット35は長期固定金利ローンが組める上に金利が格安という点で住宅購入を検討している方にとっては非常にメリットの多い商品だと言えます。


しかし、デメリットももちろんあり、その一つに借入までに時間がかかるというものがあります。
申し込み後に2週間から1カ月という承認期間があるのです。



住宅購入後、すぐに支払いを行わなければならないという不動産会社であれば承認まで待っていられないのでつなぎ融資を行わなければなりません。
つなぎ融資にももちろん金利は発生するので無駄なお金を支払うことになってしまうのです。


関連ワード:長期ローン 土地 シミュレーション リフォーム 確認 価額 100年住宅 賃貸 予約

スポンサードリンク


また、他のデメリットとして35年の固定金利が挙げられます。
この点はフラット35の最大のメリットでもあるのですが、最長で住宅ローンを組まない場合、例えば10年や20年で返済を計画しているのであればかえって金利が高くつくこともあるのです。



この点を踏まえて住宅ローンを組む時には返済期間に合わせた金利の計算をしっかりと行わなければなりません。


フラット35は借入金額に限度がある、借入条件が厳しい、借り換えには使えない可能性があるなどのデメリットもあるので他の融資も検討しながら比較してみましょう。



スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。