スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >フラット35 >>フラット35の個人事業主の申込みと不動産取得経緯

フラット35の個人事業主の申込みと不動産取得経緯

個人事業主で住宅を取得した時を思い出しますと、当時は住宅を購入することなどまったく考えていませんでしたが、お盆に帰省したとき嫁いでいた妹夫婦が ”出かけにたまたま近くの電柱に売り家の張り紙を見た!” との事がきっかけで。。じゃ行ってみよう・・そこからとんとん拍子に不動産購入までこぎつけたというのが経緯ですが。


購入予定の計画もなかったもので自営業(個人事業主)ですから、住宅ローン申し込みも納税証明からは審査に通らず、。。。最終的には不動産会社の社長のアドバイスで ”住宅ローンの申し込みではなく、銀行借り入れで対処しようと。。”銀行の保証人は社長がなってくれるということで銀行から借り入れて購入資金にあてましたが。現在のようなフラット35があれば個人事業主でも申し込みができもっと安い金利で住宅ローンが組めたのかもしれませんが。。?



フラット35なら個人事業主の方の申し込みも審査に通りやすいと言えます。

一般的な金融機関が販売している住宅ローン商品申し込みは非常に審査が厳しく、収入の安定しない個人事業主の方は審査に通りにくいと言われています。
これは個人事業主だけでなく、最近転職した方や派遣社員などの方も同様のことが言えま


ですが、フラット35は違います。
フラット35は基本的に住宅金融支援機構が運営している商品だからです。

住宅金融支援機構では金融機関が販売する商品を買い取り、長期固定金利商品として販売しています。
いわば、金融機関で販売されるフラット35は代理販売されている商品だと言えるのです。


個人事業主にとっては審査に通りやすいですし、最長35年の申し込みで固定金利のローンが組めるということで非常に人気のある商品になっています。


フラット35は他の商品に比べると審査は甘いですが、勤続年数数ヶ月という場合やまだ事業を始めて数ヶ月という個人事業主の申し込みに対しては厳しいかも知れないので少し検討した方が良いかも知れませんね。


私の場合は、当時は金利も高く。。。でも短期借り入れでも当時は仕事も順調で事無く支払いが完了したので良かったのですが、現時点ならフラット35を利用したことでしょう。

関連ワード:融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。