スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >住宅ローン >>住宅ローン支払い不能後に待っているのは?

住宅ローン支払い不能後に待っているのは?

住宅ローンの支払い不能、行き詰り、折角手に入れた夢の城も手放すことになるケースが増えるのが年末あたりに多いように感じます。


住宅ローンの支払いが不能になったり滞納したがために最悪の場合競売にかけられ、家を売却しそれで清算となる場合がありますが、売却価額より住宅ローン残高の方が多くて家を失いローンだけ残ると言う最悪のパターンもあり得ます。

住宅ローン支払い不能、滞納での競売等は住宅を失いローンだけが残ったケースが多いように聞きます。



これらの実情を聞いてみると、無理な借り入れに大きな問題があるようです。
通常は年収の5倍までの借り入れを(借り入れは少ないに越したことはないですが・・・)借入時の仕事が順調だったので。。。などから年収の5倍以上の借入をしたあとで仕事が傾きかけたとか。また年収が減ったとかリストラに合って。。。など当初予定していた返済計画に狂いが生じて支払いがにっちもさっちもいかず、そのために住宅ローンの支払いが不能、滞り最悪競売に掛けられた。が、売却価額よりローン残高が多く、最終的には家を失った挙句にローンだけが残った。という最悪のパターンになる場合もあります。



年末にはいろいろと物入りですね。なぜなんですかね。昔の節季払いではないですが、年末には支払等も含めて歳の締めくくりとして清算したいのが重なって支払いが増えるのですかね?


ローンの支払いにも狂いが生じるなど、年末の住宅ローンの支払いは気を付けたいですね。


一度支払いに狂いが生じると後々まで尾を引くのが住宅ローンですので、住宅ローンを借りるときから余裕を持った返済計画をたてて住宅ローンを組みましょう。

住宅を手に入れる喜びよりう失う時の苦しみの方がず~と大きいですから。くれぐれも返済計画は余裕をもって住宅ローンを組みましょう。


関連ワード:土地 融資 シミュレーション リフォーム 確認 新築住宅 注文住宅 賃貸 予約

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。