スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/36-524f1e39

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クレジットカードl発行枚数

クレジットカードの発行枚数は、すでに2億5千万枚超えたと言われています。

これにキャッシングカードやプリペイドカードを合わせると、数億枚のカードが社会で利用されていることになります。

プリペイドカードなどは、誰でも、手帳に、財布に数枚のカードを保有していると思います。プリペイカードなどはコレクションしている人たちさえいます。



信用取引(クレジット)は今手元にお金がなくても、自分の欲望を満たすことが出来るので、つい誘惑に負けてしまう場合もあります。

カードなどはオールマイティの魔法のカードのようにみえますが、しかしクレジットはお金の支払いを先に延ばすだけですので、直ぐに現実が待っています。

借りたものはいつかは返さなければなりません、便利さと危険が隣り合っているのがクレジットです。

少しの油断、欲望の誘惑によって、簡単に借金のアリ地獄に落ちてしまう場合があります。

私達はこのような現実社会の中で生活しているのです。


しかも、今後ますますクレジット化は進み、カード利用も今以上に広がって行くことは間違いないでしょう。ク

レジットカードが、生活の中に浸透していくにともなって、危険な現実にならないように慎重に行動して、プラスの面を上手く利用することが必要になってくるでしょう。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/36-524f1e39

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。