スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/37-9c0beba8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クレジットカードの種類

ひとくちにクレジットカードといっても、いろいろな種類のクレジットカードがあります。


これをクレジットの発行主体(業態)からみると信販系や流通系、銀行系などのクレジットカードに分かれます。


また、カードは、支払いの時期によって、プリペイドカードとクレジットカードに分かれます。


クレジットカードはアメリカで1950年に開始されたものですが、その後、石油販売店のガソリン購入にカードが利用されるようになり、急激に多くの分野で普及しました。


日本では、1960年に開始された「日本ダイナースクラブ」のカードがクレジットカードの最初のものです。

最初は、主に銀行系のカード会社が業務をおこない銀行の周辺業務として出発しています。


このあと、信販会社がクレジットカード分野に進出し、カード社会の基礎が作られました。


現在では、銀行系カード、信販系カードのほか、デパートやスーパーが発行する流通系カード、各地の専門店カードなど、多くのカードが発行されています。


このブログを書くにあたっては「一橋出版ーーカード利用関係法の解説」等を参考資料とさせていただきました。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/37-9c0beba8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。