スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/41-25d96766

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クレジットカードの仕組み

クレジットカードを、カード取引の当事者関係によって区別すると、二当事者間カードと三当事者間
カードに分類できます。

デパートのカードなどは、二当事者間カードを基本とし、信販会社や銀行の発行するカードは、三当事者間カードです。

ニ当事者間カードは単一目的カードで、特定のデパートなどが固定客をつかむために利用します。

三当事者間かーどは、多目的カードで多数の加盟店で利用できるクレジットカードです。

現在社会の中で用いられているカードのなかで最も基本的な形態であり、広く利用されています。

割賦払いカードは割賦販売法の適用を受けます。

このため、カード発行者は割賦購入あっせん業者の登録をし、カードを媒介に総合割賦購入あっせんを行うのが普通です。



三当事者間カードのシステムは

1-利用者がカード会社の会員に入会申し込みをします。

2-申し込みがあると、カード会社は、申し込者の信用調査・審査を行います。

3-承認されれば会員になり、カード会社からクレジットカードを貸与され、受け取ります。

4-会員はクレジットカードの署名欄に自分で署名し利用するときに加盟店で呈示します。

5-会員は、カードを呈示して、加盟店から商品やサービスを受けることが出来ます。

6-カード会社は、加盟店に会員がカードを使用して行った取引の代金引を一括して払います。

7-会員は商品やサービスの代金に、カード会社の手数料を加えた金額を分割払いでカード会社に支払うことになります。

スポンサードリンク


クレジットカードは、キャッシュレス機能をもち、また、会員に信用を与え加盟店という形で商店を選択する基準ともなるわけです。

加盟店にとっては、信用取引についてまわる、貸し倒れの危険性を防止できるうえ集金の手間を省くことが出来ます。

また、取引を迅速に処理できることができ、顧客を誘引する手段ともなります。

さらに、販売チャンスも拡大しますから、売り上げ増にもつながります。

加盟店はこのような利益を得る見返りとしてカード会社に対して一定の割合の手数料を払います。(カードの利用額の1.5~5%の手数料が普通です。)
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/41-25d96766

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。