スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/51-050c608b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >カードローン >>カード・・・消費者信用情報におけるトラブル

カード・・・消費者信用情報におけるトラブル

個人情報に関して国民生活センター、各地消費者生活センターにおける相談事例を通してどのような問題が発生しているのか?見てみると・・・・

相談事例の代表的なものは、ブラックリストを理由に契約を拒否された事例で、どのような基準でリストに登録されたのか不明であることなどが問題になっています。

また合法的な解約や不良品の返品であるのに、解約や支払いを拒否するとブラックリストに載せるといって契約継続や支払いを強制する事例が出ています。

悪質な業者ですね、こんな業者をブラックリストに乗せないと・・・・・・・・・・・・



また、消費者に何の落ち度もなく、業者のミスによってブラックリストに乗せられた事例もある。

銀行へのクレジットカードの申し込みをしたら、ブラックリストに載っているために作れないといわれたが、今までにクレジットで買い物をした覚えもなく納得がいかないといった相談事例があるそうです。

信用情報機関相互の交流が進むほど、ブラックリストに登録される可能性も広がり、いったんブラックリストに載ると、消費者は銀行や、消費者金融からの借り入れ、クレジットカードの作成、利用など、信用を必要とする取引から遠ざけられてしまうことになりますので十分な注意が必要です。


業者の一方的なミスでブラックリストに載ってしまった場合などはどうすればよいのか?
業者のミスであってもいったんブラックリストに載るとほとんど取り消すかとが不可能と聞きますが、実態はどうなんでしょうかね?
gooの教えてあたりで質問してみようかな~
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/51-050c608b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。