スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/56-81bc4260

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

割賦販売法の規制

割賦販売法は、取引条件を明らかにするためにいろいろな規制を行っています。

これは現在社会において「契約」がおかれている状況を考える良い材料となります。

人が契約に束縛されるのは、自分がそれを望んだのだから・・、という点に置かれます。

つまり欲しいがゆえに納得して、自分の意志で契約しましたよ ということです。
ですから、契約には、自分の意志が不可欠な要素となります。


例えば、街で無理やりどこかに連れ込まれて長い時間拘束されて、無理やりに契約書にサインをさせられたような場合は、本来の契約とは行かないということでしょうね・・


意志の形成や決断は、個人の自由で自主的な状況が確保されたところでなされる必要があります。

それゆえ上記の例のように、束縛されたり脅されたり、して無理やり契約をさせられた場合は契約は成立しないと言うことじゃないですか?



現在社会では、消費者の利益をどのように確保していくのかが重要な課題となっています。

ひとつの方向が、選択の可能性を保障することです。

消費者が、ある商品を現金で買うのか、割賦販売にするのか,ローンで買うのかなどを決定するには、それぞれの条件が明らかにされていることが必要です。

しかもそれぞれの条件は、適正に表現されていなければならないでしょう。




スポンサードリンク


取引条件の表示が、クレジットカード会社によりバラバラであったり、重要な事項が表示されなかったりすることを防止しなければなりません。

消費者に見やすく、分かりやすく、誤解を与えないような表示が必要となります。


これらを考えるとき、果たして現在の契約書ならびに規約書などはどうなんですかね、細かい字で分かりにくく(そう感じます)びっしりと書かれたぶ厚い資料ははなして読む人に分かりやすいですかね?

問題が起きたときに ”ここに書かれています” と言われてもね~~~・・・
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/56-81bc4260

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。