スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/57-8efbf038

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クーリング・オフ制度

民法の規定は、対等な立場にある契約の当事者が、自由な意志表示を合致させると言うことを前提

に成り立っています。ところが、訪問販売では事業者と消費者の立場が不対等な状況にあります。


それは、商品知識であり法知識であるわけですが、現在社会そのものが、企業と消費者の不対等な

関係をつくりあげていると言っても過言ではありません。


このような立場の相違があるところで、不意打ち的に交渉にはいり、場合によっては高圧的に、また

巧妙なセールストークで消費者は購入意識をはっきり固めないうちに、押し付けられるようにして契約

の申し込みをしてしまったり、契約してしまう場合が多くなってきています。


お年寄りなど、理解も出来ないうちに、また脅しとも取れるような状況に追い込みながら巧妙に契約を

締結するような場合も多々あるようです。


不意打ちに訪問されたり、路上で突然、声をかけられるなど、冷静に判断出来ないような状況で契約

の申し込みや締結をしてしまった場合などは、消費者に冷静に判断できる期間を用意して、この期間

中に ”やっぱり契約はしたくない”ということになれば、合理的な理由がなくとも、無条件で申し込み

や契約締結の撤回ができる。とするのが、クーリング・オフ制度です。


契約に束縛されるのは、自分でそれを望んだからである。自分の意志により、自分を拘束するのです

から、意志が不可欠な要素となります。。脅されたりしてした契約は不履行に出来るということなんで

すね。。。


このサイトでよく検索される語句
ゆとりローン サブプライム/a>
リボルビング方式
カードローン デメリット

スポンサードリンク


クーリング・オフ制度は、消費者に対して一方的で無条件の解約件を認めた制度で、現行の法律の

中でも、消費者の利益を確保するための重要な制度となっています。しかし、民法や商法の原則と相

反する部分の持ち合わせた制度であり、この範囲が明確になってないと十分機能しなかったり、逆に

乱用されて、取引秩序が壊れる場合があります、そこでクーリング・オフにはいくつかの用件を必要視

して、その行使に一定のげ限界を設けています。

次回 --クーリング・オフの要件
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/57-8efbf038

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。