スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/60-86f289a1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クレジットカードと名義貸し

クレジットカードの保有者が、自分の意思で第三者に貸したカードが使用される場合があります。

クレジットカードの会員規約では、会員は、カード会社所有のカードを貸与されるとしています。

また、カード会員のみが使用でき、他人に貸与することや、質入れすること、譲渡することなどが出来ないとされています。ですから、カードを他人に貸した場合には、規約違反となります。


ただし、規約違反があったというだけで、カード保有者の支払い責任をみとめることは困難です。

しかし、他人にカード利用されるつもりで、カードを貸したのであれば、当然、カード保有者の責任は発生します。

いままでに、個品割賦販売購入あっせんで、買主として名義を貸した者の責任について問題が数多く発生しています。

カードを他人に貸与することで後々問題が発生する可能性もありますから、出来る限りはカードは自分で保管し、友人といえども貸し借りをしないほうが得策です。


カードの陰には金銭が付いてまわります。

金銭のトラブルから折角の友情が壊れることは多くありますので、出来る限りはそのような問題は避けるべきだと思います。


スポンサードリンク


名義貸し

割賦購入あっせんでは、信販会社が購入者の買った商品代金を、購入者に代わって、販売業者に支払います。(立替払い)

信販会社は、このとき、商品が現実に引き渡されているのかどうか、買主が本当に本人であるかどうかなどについて、直接出向いて確認するとか、本人と面談するなどの手続きを取りません。

通常は買主と思われる人に対して、電話で事実を確認するのみです。

ですから、友人の善意を悪用するものが販売業者から商品を手に入れたり、資金繰りに困った販売業者が、売買契約を仮装して信販会社から代金相当額の支払いを受ける。

といった事例が発生します。
これらの場合「名義貸し」として問題となります。



スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/60-86f289a1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。