スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カード不正使用防止の役割

カードの紛失、盗難による損害の防止については、会員、カード会社、加盟店の三者それぞれに果た

すべき役割があります。


会員は貸与を受けたカードを、管理者として、保管、利用する義務を持つとともに、紛失、盗難があっ

たときは、すぐに届出をする義務があります。


届出でをすぐに行うことにより損害の拡大を防止することができる立場にあります。


届け出が遅れれば、会員にも過失があると認定され、損害の分担をしなければならない場合もありま

す。


カードの不正使用を防止するためにカード会社や加盟店の役割が重要になります。


カード会社はカードの不正使用を防止すらために、最も有効な手段を取ることが出来る立場にありま

す。



不正使用防止のための手段として、紛失、盗難等の届けがあったカードの無効通知をするという方法

を取っています。


また、磁気ストライプによる暗号番号の照合方法や、加盟店で判別可能な末端を設置するなどの手

段が取られています。


スポンサードリンク


会員に対しては、パンフレットなどにより、カードの取り扱へについての適切な警告をすることが必要

です。


加盟店は、カード使用者の本人確認をおこなう一定の義務があります。本人確認が適切におこなわ

れれば、カードの不正使用を防止する有効な手段となります。」



カードの紛失、盗難等の不正使用防止については、会員、カード会社、加盟店の三者の協力が必要

となります。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。