スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/69-151850c7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >カード >>妻が夫に内緒で作った高額な借金の支払いは???

妻が夫に内緒で作った高額な借金の支払いは???

妻が、夫に相談もなく内緒で夫の代理として、クレジットカード発行会社に行き、夫名義でクレジットカ

ードを作り(会員になり)、そのカードで多額の借り入れを受けたような場合、夫は返済をする義務があ

るのでしょうか???



クレジットカードは便利性と危険性の両面をもっています。とくにカードが本人以外の者に利用されたと

きは、大きな危険性が発生します。


AがBの名前を勝手に使って、カード契約をしてカードを利用したとしても、Bは利用した代金引換郵便

を支払う義務はありません。


自分と無関係に取引がなされても、この責任を負う必要は原則的にないのです。



ところが夫婦の一方が、勝手に相手の名義を使って契約したと言うようなときは、他方はこの責任を

負うのでしょうか?



夫婦といえども双方とも独立した人格をもった人間同士ですから、一方の行ったことは他方にはまった

く無関係であるといえるかも知れませんが、ところが、第3者との関係では、夫婦は経済の一つの単

位として見られるのが普通ですから、他人の行為であると突き放してしまうには抵抗があります。


第三者の信頼も保護れなければなりません。反対に夫婦の一方の行ったことは、すべて共同して責

任があるのだと言うこともいきすぎでしょう。


夫婦関係が破綻して別居しているのに、一方が他方の名前を使って、借金をする場合には「夫婦の

一方が日常の家事に関して第三者との法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務

について、連帯して責任を負う」(民法761条)としています。

スポンサードリンク


日常家事債務の範囲

妻が近所の店で食料品を「つけ」で買ったとします。この代金は、夫婦が連帯して責任を負うのが当

然でしょう。

食料品などは、夫婦や家族の共同生活のためのものだから拒絶するわけには行かないのです。

夫婦や家族の食料品の代金、医療、保険などの費用などは、日常家事に含まれます。

ですからこのような場合には夫婦は連帯責任をして支払いをする義務を持つことになります。


ところが、妻が高価な毛皮のコートやダイヤモンドを夫に無断で買ったとか、夫がバーで高額な飲食を

したなどの場合には問題となります。


日常家事の基準はすべての夫婦に同一ではなく、夫婦の社会的地位・職業・資産・収入などにより異

なってきます。また地域の慣行によっても違ってきます。
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/69-151850c7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。