スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/8-6196bcc0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

国民金融公庫の教育ローン

別居中の奥さんが次男さんの進学にあたり、国民金融公庫の教育ローンを利用したいと考る時に

配偶者には絶対内緒で、国民金融公庫の教育ローンを受けられるでしょうか?

進学者の実母ですから、申し込みに当たっては何の問題もありません。
ですが、進学者である次男さんとご質問者さまは別住所ということでしたら、住民票では2人の続柄が確認できませんので、提出書類に次男さんの「戸籍抄本」が必要となります。

諸通知は、借入申込人の住所・電話番号にされますから、配偶者と別住所に居住していらっしゃって、合格通知や入学許可証も手に入るならば「配偶者には絶対内緒」も可能だと思います。


国の教育ローンは特殊なローンです。

まず、国の教育ローンにかかわる保証については、
保証料を支払って、(財)教育資金融資保証基金の保証の保証をつければ、別途保証人は必要ありません。

実際の申し込みで、(財)教育資金融資保証基金の保証を使わず保証人を立てる-という方は、少ないです。
もしかしたら親族に迷惑をかけることになるかもしれないけれど、保証料すら惜しい-という場合が殆どですね
(でも、結果として殆どが迷惑をかけた-というパターンがおおいようです。)


ただし、(財)教育資金融資保証基金の保証料は、融資額から差し引かれて実行されますので、
国の教育ローンの上限である200万円を申し込まれても、200万円借りられるわけではありませんから、その辺りはご承知置きください。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/8-6196bcc0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。