スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/81-e000d742

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンーーフラット50の利点


「フラット50」は、最長50年まで借入れが可能な全期間固定型のローンです。

今までは「フラット35」で借り入れ可能な期間が35年間でしたが、「フラット50」は借り入れ期間が50年と長期にわたります。

「フラット50」を利用するに当たっては下記の条件があります。
200年住宅に限り対象になる他、完済年齢80歳、もしくは、子供が返済を引き継ぐ親子リレー方式が条件、となります。

35年から50年へ返済期間が延びることによるメリットとデメリットを資金負担の面から考えてみまますと・・・。

返済期間が延びることによるメリットは?

返済期間が15年延びることによるメリットは、おもに次の2つでしょう。
1.同じ金額を借りるなら毎回の返済額が減る
2.毎回の返済額を同じにするなら借入額を増やすことができる


1.について、3,000万円のローンを35年で組んだ場合、仮に金利を3.0%とすると、毎回の返済額は115,455円。ところが、返済期間を50年にすると、毎回の返済額は96,593円になります。
返済期間を15年延ばすことで、毎回返済額は2万円弱少なくなります。
1回あたりの返済負担は減るため、家計にもやさしいといえるでしょう。
35年ローンの場合 毎回返済額は115,455円
50年ローンの場合 毎回返済額は96,593円



2.仮に毎月返済を落とさないとしたら、返済期間を15年延ばすことで、プラス600万円ほどの借入れが可能になります。
35年ローンの場合 借入額は3,000万円
50年ローンの場合 借入額は3,600万円


返済金額面からは以上のようなメリットがありますが、・・・50年ローン 聞いただけでも気が遠くなりそうですね。

もしいま仮に50年ローンを組んだとして、50年後の貨幣価値どうなってますかね~ 30年後の収入は??

収入に占めるローンの割合は??・・・・・


スポンサードリンク


住宅ローン所得減税
クレジットカードl発行枚数
クレジットカードの種類
銀行系クレジットカード
信販カード

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/81-e000d742

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。