スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/82-e94b1b3a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>住宅ローンーーフラット50のデメリット面

住宅ローンーーフラット50のデメリット面


「フラット50」は、最長50年まで借入れが可能な全期間固定型のローンです。

返済期間が延びることによるデメリットは?

返済期間が延びると、当然に利息負担が膨らみます。

3,000万円のローンを35年で組んだ場合、仮に金利を3.0%とすると

35年ローンを組んだ場合の総返済額は、およそ4,850万円。ところが、50年ローンになると、総返済額はおよそ5,800万円に膨らみます。

その差である950万円は、返済期間が15年延びたことによって増加した利息負担です。
ローンを利用する立場とすれば慎重になりたいところです。


同時に注目したいのが、借入元本の残高です。
35年ローンを組んだ場合、10年後の残高はおよそ2,430万円。
ところが、50年ローンの場合はおよそ2,700万円となります。

もう少し先の30年後の残高を見ると、
35年ローンの場合はおよそ640万円なのに対して、50年ローンは1,740万円。当たり前のことですが、返済期間を延ばすほど、ローン残高の減りは遅くなりますから要注意です。


フロー消費型の社会からストック型社会への転換を目指し、資産価値のある住宅を増やしていくことは、意義のあることかもしれません。


しかし、個人のレベルで、50年という気の遠くなる先までローンを払い続ける決心など簡単につくものではないでしょう。
10年先のことを見通すのも難しい現代。あくまでも慎重になりたいものです。


自分で組んだ住宅ローン完済しないままで、あの世行きってことも十分にありうる「フラット50」
私は短期の返済で完済しましたが、そのときの喜びは何ものにも替え難い喜びでしたよ。

その喜びを味わえないかも知れない長期の住宅ローンフラット50は慎重になりたいものですね~


スポンサードリンク


このサイトでよく読まれるページです

車 ローン 審査
住宅ローンどうやって選ぶか
カード ローン 買い替え
おまとめローン
国民金融公庫の教育ローン
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/82-e94b1b3a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。