スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/93-46a8b1ab

-件のトラックバック

調停成立


中古住宅に絡む土地問題で調停前号からの続きです。

私側は建設会社の弁護士をたてるのでそちらも弁護士を立ててください。
費用は敗者が全額払うことにしましょう。


建設会社からの提案でした。


この提案がなされたときに初めて隣人が ”その書類書いたような????”
調停員も  ”なに~”????
いままでいきまいていた隣人も急に弱腰になりました。



スポンサードリンク


それから急転してことは進みだしました。
そこは調停ですから、1坪を当時の土地価額で換算して1/2の料金を払っては?との提案に今後一切の嫌がらせがなければ・・と言う条件で了解しました。


それには妻のお腹も大きくなりもうすぐ出産というときに何かあっても??と思い、払ういわれのない金額でしたが支払うことで了解しまた。
この問題を早く片付けてすっきりしたいと思いました。


次の調停で支払うことになりました。
最後の調停では裁判官も出席して調停証書が作成されました。
そこには支払いの金額も明記されていました。


また目の前で払った金額の受け取りを気まずそうにしていた隣人に調停員が声を荒げて”早く数えるように”と促し2年ほど続いた土地問題は決着を見ることになります?


そのときに調停員からアドバイスされたのは今度この件で隣人から文句を言われたら調停じゃなく「警察に行きなさい」と言われました。


数日して、再度隣人の奥さんが調停等についいて文句をいってきましたので、最後に調停員から言われた「今度は警察に行きますから。。。」といったとき何も言わずにかえって行きました。


それから20数年間隣人(主人)とはお互いに話をすることもなく過ぎたのですが、数年前に60歳半ばで他界されました。

また、その2年ほど前には息子さんにも不幸があり何だか気の毒にも感じますが、いろいろな噂を耳にしますと、残された人には関係ないとは言え地域社会との関わりをもっと大事にしなければと感じました。


昔は相続税のために土地においても実測と表示されている坪数が違うところが多くあると聞きました。

購入してひともめしたこの土地でしたが、不幸中の幸いとでも言うのでしょうか?調停する段階等で測量し直し、書類が出来たことはよかったと思っています。


スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/93-46a8b1ab

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。