スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/96-acf782d3

-件のトラックバック

住宅ローンの安全策はシミュレーション(シュミレーション)から・・・サイトトップ >ローン >>住宅ローンの返済方法をは社会情勢で変わる。

住宅ローンの返済方法をは社会情勢で変わる。

日産自動車は昨年10月時点で予想した2700億円の黒字から1800億円の赤字に転落と発表、従業員の8.5%にあたる2万人を削減するという。

何があってもおかしくない昨今です。
勤めている会社がある日突然に倒産なんてこともありうる話です。


そんなときに多額の住宅ーンを抱えているとしたら。。。住宅購入時は今後も会社は発展して(発展しなくともまさか倒産ってことはないだろうとおもって・・・・)安泰。で、それにつれて給料も上がって。。。などと安易に考えて無理した(チョット背伸びして。)ローンを組んでしまった。
と言うことのないようにしたいものです。


スポンサードリンク



住宅購入は手元資金が多いことが、何よりの対策です。
住宅ローンの総返済額を減らす三原則は、「頭金は多く」、「返済期間は短く」、「繰上返済は積極的に」です。

でも、これらの法則は、いずれも手元資金を多く使ってしまう手法です。
不安な時期においては、これらの方法は家計のリスクを大きくしてしまいかねません。

昨今の社会情勢を見ているとこの方法ではチョット不安な気持ちになります。

頭金は手元に温存
頭金や諸費用を使っても、生活費の3ヶ月分程度は残しましょう、と言われてきましたが、1年分くらいの生活費を持っている方が安心です。


もし日産の従業員だったとして2万人削減枠に入らないという保障はないのです。


生活費が1ヶ月35万円かかるとすれば、9ヶ月分を余計に残すことになり、頭金に使える額は約300万円減ってしまいます。

予算を300万円少なくするのが一番望ましいのですが、どうしてもそれでは不足するという場合には、借入れを増やす方が今の時代は安心です。


ただし、多く残した分を、なんとなく生活費やレジャーなどで使ってしまっては本末転倒です。
貯蓄が増えるなど安定してきたら、いつでも繰上返済ができるよう、温存しておきましょう。


返済期間はなるべく長く
返済期間を長くするほど、総返済額が膨らみますが、収入が減ったり、途絶えたりした場合に、その期間をしのぐためにも、毎月返済額をなるべく少なくしておくことが対策となります。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kobeeeyanka.blog33.fc2.com/tb.php/96-acf782d3

0件のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。